ハッピーエンドのアニメになぜか不満足だった

アニメ「オレンジ」の最終回を見ました。
このアニメは、26歳の仲間たちが過去の自分たちに手紙を送るというストーリーでした。
どのようにして、過去に手紙を送ったのかは謎でしたが、SFがメインのストーリーではないのでよしとしました。
この26歳の仲間たちは、高校の時に同じグループの男の子を事故で失っています。
しかし、その事故は亡くなった男の子が自分で作った事故だったのです。
自分の人生をやめてしまった友人をなんとか救いたいという思いで、5人の仲間たちが過去の自分たちに、手紙を出すのです。
手紙の内容は、亡くなった男の子が元気にこの世を生きていくように、悲しい過去をいろいろ変えて欲しいという内容です。
結果として、エンディングは、仲間との友情を確立した男の子が事故を起こさずに、みんなと今後も楽しく過ごしたいというハッピーエンドでした。
でも、私は素直にこのアニメを楽しめませんでした。
アニメでは、主人公の女の子が、この先何があっても何度もその男の子を助けると言うのですが、それではだめだと思ったのです。
弱い心の男の子が自分自身で強くなっていかないといけないと思ったのです。
手を差し伸べ続けることは本当に本人のためになるのだろうかと疑問が残りました。鼻の下脱毛

ガラクタ捨てれば自分が見えるって実質かしら?

広間のガラクタ。クラッター。これを制するため、将来が好転するのかな?
私も断捨離してみよう。特に、イオンのボロッボロのジャージは捨てよう。
やたらはしたないから。ユニクロのほうが依然として素材がいいことがわかった。
それに、ボリュームも少し高い。
冬場には、また冬季のジャージがあるだろう。なんとかなるはずだ。
ガラクタ捨てれば自分が窺えるって事実かな?
ドキドキ対処でときめく賜物ばかりにしたら、いいこと居残るって事実かな?
でも、そんなことよりも、広間を片づけたい。
わたくしと向き合って、何が必要で何が無駄かを見極めていきたい。
今の世の中、あまりに小物が多すぎる。そして僕と恋人も荷を保ちすぎて掛かる。
恋人の広間は、すっきりしてきたらしき。ついでに恋人も20往復して痩せた。
激しいねえ。僕は依然、ほしいものがあるんだ。
それは、フランフランか無印良品の、布団補充。
最近、とうに汚れていて見たくないぐらい汚いの。白はダメだねえ。借金返済 相談